2020年地域と関わりたい!地域に移住したい人必見!移住と地域との関係づくり役立つサービス&メディア(関係人口から移住・定住まで!「地域系サービス・メディアカオスマップ2019年度版」)

近年、都市部で暮らす人の地域への関心の高まりと、安倍内閣による「地方創生」の流れを受けて、移住・定住促進や関係人口促進を目指すサービス、メディアが次々と生まれています。

2018年には、地域のコミュニティを活性化する地域通貨サービスやコミュニティコイン、多拠点居住サービスなどが目立ちましたが、2019年に入ると多拠点居住サービスや地域の仕事体験サービスも続々と立ち上がってきています。

2020年は、東京オリンピックの時期にテレワークが推奨されていたり、第2期「まち・ひと・しごと創生総合戦略」がスタートしたり、地域にも少し変化が起きそうな年です。

そこで2019年を振り返り、関係人口から移住・定住までをカバーする「地域系サービス・メディア」をまとめた、カオスマップ2019年度版をつくりました。

今回はこの「地域系サービス・メディアカオスマップ2019年度版」について、最近の動向を俯瞰しつつ、特徴的なサービスやメディアをご紹介します。

※ 2018年のカオスマップ記事はこちら

まずは、2018年度版のまとめをおさらい

※ 画像クリックで元のサイズ(2MB)を閲覧することができます。

さて、2019年度版のお話をする前に、まずは2018年度版のまとめをおさらいしましょう。

メディアでは、関係人口、移住ポータル、住まいと暮らし、ローカルの仕事、ローカル移住、ローカルカルチャー、自治体向け、ソーシャル&エコ、ローカルコミュニティ、ブログと10ジャンルに分けましたが、2018年のトピックは「関係人口」でした。関係人口をテーマに、総務省が「関係人口ポータルサイト」を立ちあげたのも2018年です。

2017年まではWeb上にはメディアが中心でしたが、2018年はユーザー参画型のサービスが多く立ち上がったのも特徴です(SMOUTも、この移住研究所も2018年にリリースしました!)。まずは地域とのマッチングサービス。地域の副業系のサービスが増えてきました。

地域通貨サービスや地域を限定しないコミュニティコインというジャンルで特徴的なサービスがいくつか発表されました。また、多拠点居住サービスが生まれたのもこの年。2018年12月末に発表され、住む場所を限定せず、自由に、自分らしい暮らしを楽しむライフスタイルが注目されました。

2019年度版で「関係人口」をカバーした理由

※ 画像クリックで元のサイズ(2MB)を閲覧することができます。

さてここからは、2019年度版のお話です。2018年度版のカオスマップと大きく異なるのは、移住・定住促進だけでなく、関係人口促進のためのサービス・メディアを加えた点です。

都市部への人口集中と固定化の是正を目的に、地方創生の次なるステージに向けて発表された第2期「まち・ひと・しごと創生総合戦略(※)」では、定住や観光と違う形で特定の地域と関わる「関係人口」の創出や、ビッグデータなど最先端技術を生活基盤に導入する「ソサエティー5.0」の実現によって、人口減少が進む地方の担い手確保を目指すといった内容が盛り込まれました。

2019年度版のカオスマップに「関係人口」を加えたのは、都市部などに住みながら、出身地や転勤、ボランティア活動などを通じて関心を持った特定の地域に対し、継続的に関わりを持つ「関係人口」の創出が注目される今、関係人口からゆるやかに移住・定住へとつながっていく、その全体像からメディアやサービスを俯瞰する必要性があると考えたためです。

まち・ひと・しごと創生基本方針2019についてはこちら

2019年、移住・定住や関係人口のための地域系サービス・メディア分布の特徴は?

続きを読むにはSMOUTユーザーとして
ログインする必要があります。
SMOUTユーザー限定記事、ただいま準備中!