SMOUTネット関係人口スコアランキング速報(2019/01/10)

移住スカウトサービス「SMOUT」では、インターネット上で各地域に関心を寄せたり、関わったりしている人を『ネット関係人口』と定義して、一例として以下のネット上で関わる人たちを独自のアルゴリズムで計算し、「SMOUTネット関係人口スコア」と名づけ、地域ごとに算出しています。

ちょうど「田舎暮らしの本(2019年2月号)」にて「住みたい田舎ランキング2019」が発表されましたが、こちらの「SMOUTネット関係人口スコア」と比べてみるとおもしろいかも!?

今回は、2019年1月10日(木)時点での「SMOUTネット関係人口スコアランキング」をお送りします!

※ ネット関係人口の算出に関わる指標はこちら >>

第1位 宮崎県椎葉村(ネット関係人口スコア:79.6)

椎葉村(しいばむら)は、宮崎県の北西部の山間部にある世界農業遺産の村で、平家伝説をはじめ、神楽や焼畑農業といった文化があります。古くから、農作業をお互いで助け合う「かてーり」という相互扶助の精神があり、こうした絆が田畑や森林、文化を守っていく礎となっています。ひとたび椎葉村の農家民泊に泊まれば、畜産、そば打ち、お茶の釜炒り、樹齢800年の大久保のヒノキ、十根川神楽など、椎葉の豊かさと人々の優しさに触れることができるのだとか。

そんな椎葉村がスカウトしているプロジェクトは、「ローカルメディアの可能性を秘境の地で探る「繋ぐローカルエディター」募集!」、「このフロンティア感には自信アリ!ワクワクするプランが見たい!企画&実践者募集!」。自然の美しさ、人の営みに日本の原風景が感じられる村です。

宮崎県椎葉村の地域ページへ >>

第2位 北海道下川町(ネット関係人口スコア:79.4)

森林面積がまちの90%という下川町。冬はマイナス30度にもなる地域ですが、北海道で初の木質バイオマスボイラーを導入。人口3,382人ながら(2016年9月1日現在)、まちにはスナックが11店舗もあるのだとか。「下川町に住む人は、なんだか、みんな楽しそう。」というキャッチフレーズの移住交流サポートWebサイト「タノシモ」では、下川のお母さんが、自分らしく暮らせる秘密を綴るショートストーリーなども。

そんな下川町がスカウトしているプロジェクトは「北海道下川町ってどんな町?気になったら『バイオマス視察ツアー』へ!」、「親子で楽しもう!しもかわ体験オリジナルツアー」など。下川町を体験できるツアーが盛りだくさんです。

北海道下川町の地域ページへ >>

第3位 沖縄県久米島町(ネット関係人口スコア:76.0)

かつて琉球王朝時代に、数ある琉球の島々の中でも最も美しいことから「球美の島」と呼ばれていた久米島。沖縄本島から西に100kmに位置する離島で、車で一時間もあれば一周できる小さな島には、東洋一美しいとも言われる無人島「はての浜」も。移住・定住推進のため「島ぐらしコンシェルジュ」を設置し、島で唯一の県立久米島高校では「高校魅力化プロジェクト」が進められ、離島留学生が島生活を送っています。

そんな久米島がスカウトしているプロジェクトは、「”あなたの感性 × 久米島” 久米島のローカル情報を発信できる方を募集します!」。当たり前だと思っていた島の日常や文化、近所のおじいちゃん、おばあちゃんが、唯一無二の宝物だったと気付く、そんな島づくりを担う人を募集していますよ!

沖縄県久米島町の地域ページへ >>

第4位 奈良県上北山村(ネット関係人口スコア:74.9)

奈良県南東部に位置する上北山村(かみきたやまむら)。東には吉野熊野国立公園に属する大台ヶ原、西には世界遺産に指定されている「大峯奥駈道」の大峯山脈。平成28年3月には、大台ヶ原や大峰山を中心に上北山村全域が「ユネスコエコパーク」に認定され、「森に育まれ、森に育んだ人々の暮らしとこころ、美林連なる造林発祥の地‘吉野’」として日本遺産にも認定されました。

こんな大自然に囲まれた村がスカウトしているプロジェクトは、「大台ヶ原の麓 人口508人の村 リニューアル中のアウトドア拠点ではたらくメンバーを募集!」。リニューアル整備中のアウトドア拠点は、村の人、旅の人が集う宿泊施設です。

奈良県上北山村の地域ページへ >>

第5位 島根県海士町(ネット関係人口スコア:74.0)

本土から船で約3時間、日本海の島根半島沖合約60キロに浮かぶ隠岐諸島、その島のひとつである海士町(あまちょう)。2011年に「海士町らしさ」を表現しようと宣言されたコピーは、「ないものはない」。コンビニもショッピングモールもない海士町ですが、島外からの移住者が人口の1割にも及び、その多くが20代から40代。少子化で廃統合寸前だった高校も、2012年度から学級増。その背景には、「役場は住民総合サービス会社である」というまちの改革があるようです。

そんな海士町がスカウトしているプロジェクトは、「島の“教育魅力化”の第二創業期をともにつくる プロジェクトスタッフ募集!【海士町・西ノ島町・知夫村】」や、「子ども・自然・森のようちえん・島暮らしなどに興味のある仲間を募集しています!」。「島をまるごとブランド化」をする、島の新しい風を感じることができますよ。

島根県海士町の地域ページへ >>

 

ちなみに、第6位は長崎県東彼杵町(ネット関係人口スコア:73.9)、第7位は岡山県西粟倉村(ネット関係人口スコア:73.7)。どんなプロジェクトがあるか、ぜひのぞいてみてくださいね。

SMOUTユーザー限定記事、ただいま準備中!