ナンパで人を呼び込め! 学生インターンを毎年100人以上引き寄せる塩尻市職員・山田崇さんの「ナンパ術」

地域に行きたい、応援したい人と、人を呼び込みたい人をマッチングするSMOUTですが、そのノウハウを伝えていくことも役割の一つ。そのために、やはりすでに実践している方の話を聞くのが一番!ということで、ナンパ師公務員として知られている塩尻市職員の山田崇さんをお招きしてお話いただきました。

長野県塩尻市では、学生インターンを年に100人以上受け入れていて、若者を呼び込もうと頑張っている他の自治体の垂涎の的になっているのだとか。どうして塩尻ではそれが可能だったのでしょうか。

来場者は自治体の方はもちろん、公務員になりたい学生も。聞き手は、株式会社カヤックLiving代表の松原佳代さん。山田さんの話が面白かったので、なるべく余すところなくお伝えしたいと思います。

山田 崇(やまだ・たかし)さん
1975年塩尻市生まれ。千葉大学工学部卒業。塩尻市役所企画政策部、地方創生推進課シティプロモーション係長。空き家プロジェクトnanoda代表。2014年「地域に飛び出す公務員アウォード2013」大賞を受賞。2016年1月から首都圏のプロ人材との協働による官民連携プロジェクトとして「MICHIKARA〜地方創生協働リーダーシッププログラム」をスタート。2016年5月から内閣府 地域活性化伝道師。

まずやってみること

最初に、山田さんはペンを手にとってこう投げかけました。

山田さん「この机の上のペンにこの手に持っているペンを投げつけたらどうなると思いますか?」

会場からの答えは「当たる」「当たらない」「転がる」など。山田さんはペンを投げます。

山田さん「投げてみると、机ではねて床に転がって、それを前列の彼が拾ってくれた。こうなることは投げる前にはわからない。なのに、ペンを手に握ったまま考えたり話したりしてしまう、その時間が長すぎるんです。とにかくやってみないとわからない。これは、”スーパーイノベーター”沼田尚志くん(ヤフー株式会社)もよく言っていることです」。

続けてこんな事を言います。

山田さん「みなさんにまずやってほしいのは、今日終わるまでにSMOUTに登録することです(笑)。いま、塩尻市と信州大学で共同研究をやっていて大体40人ぐらいの学生が45分かけて塩尻に来ています。その学生がSMOUTに記事(https://smout.jp/plans/252)を上げているので、登録してみてみてください。登録する前と後では自分が変わると思います。それがすごく大切なんです」。

そんな前置きがあって、いよいよ本題に。

山田さん「山田崇、43歳、公務員21年目、講演回数年に210回。私は実は35歳までどこにでもいる普通の公務員でした。私が変わったのは「やってみた」からなんです。それは”nanoda(なのだ)”というプロジェクトなんですが、商店街に30軒の空き家があって対策を打ってもうまくいかない。じゃあ自分たちでお金出して借りてみたらどうかと思ったんです。空き家問題を、自分が当事者になって考えようと。

それでホームページをつくって、ワインなのだとか、居酒屋なのだとかとにかくいろいろイベントを開催してみました。仕事だとなんのためにやるのか、目的を聞かれますが、仕事じゃないのでとりあえずやれるんですね、目的が明確になくても。それが、続けていくうちに何かになっていく。最初は変なことやり始めたやつだったけど、6年半もたつと、よくわからないけど、やり続けてるやつになる。

続きを読むにはSMOUTユーザーとして
ログインする必要があります。
SMOUTユーザー限定記事、ただいま準備中!

ABOUTこの記事をかいた人

石村研二

ライター/映画観察者。東京生まれ東京育ち。大学、大学院と映画を観ながらぼんやり過ごし、2000年にサイト「日々是映画」を作って映画についてひたすら書き連ねる。2004年頃からライター業に勤しむようになり、暮らしと社会の間の様々なトピックについて記事を執筆。2016年には「ソーシャルシネマを楽しむウェブマガジン“ソーシネ”」を立ち上げ。最近は縄文にハマり、縄文的な生き方について考える日々。