地方創生にクリエイティブがどう活きるか。リアルSMOUT「ローカルPR動画の夜明け」イベントから考える、地域ブランディングの仕掛けかた

10月20日、神保町のLAB&Kitchenにて「リアルSMOUT Vol.01 ローカルPR動画の夜明け」が行われました。移住スカウトサービス「SMOUT」を運営するカヤックLivingの初の主催イベントで地域のひとがやってきて地域に関心のある人をスカウトする企画です。今回のテーマは「五感で味わう」。ローカルPR動画にまつわるトークセッションと、地方の特産物を活かした料理や飲み物を楽しみました。

地域ブランディングや移住促進、シビックプライド醸成など地方PR動画の制作において、どうすれば正解を導けるかを考えようという内容です。当日のセッションから「地方創生とクリエイティブ」について考えてみたいと思います。

地元出身だから、バズる移住促進動画がつくれた

発表を熱心に聞く参加者。

今回のトークセッションには、、最前線で活躍するクリエイター陣が登場。各自の専門分野から、作品を事例にあげながら地域PR動画に活かせる手法や考え方を紹介しました。Dentsu Lab Tokyoの越智一仁さんは宮崎県小林市のPR動画制作の経験に基づく「地方創生にクリエイティビティがどう活きるか」、資生堂の吉田聖子さんは、企業ブランディングを行う立場で見た「今の地方にはないが活かせる企業の考え方」、カヤック平野俊介さんはバズ動画のトレンドや実現のさせ方など、クリエイターが地域に関わる上での可能性も広く取り上げられました。

写真右:越智一仁さん(Dentsu Lab Tokyo)
コミュニケーションプランナーとして、デジタル施策やソリューション開発に従事。小林市PR動画、ネピア「Tissue Animals」、グリコ「Crisp Concert」など。

写真右から2番目:吉田聖子さん(資生堂)
クリエイティブディレクター。「エリクシール」のリブランディングやメイクアップエンターテインメント動画「The Party Bus」などを手がける。

写真左から2番目:平野俊介さん(カヤック)
プランナー・映像ディレクター。バズ動画制作のスペシャリストとして、キリンビバレッジ「プラズマ乳酸菌『SPECIAL STUDENT』」、SMRJ:独立行政法人中小企業基盤整備機構「社畜ミュージアム」など

写真左:モデレーター:刀田聡子さん(宣伝会議 月刊『ブレーン』)
月刊『ブレーン』編集のほか、地域PRのムック制作や地域活性化プロジェクト「地域×デザイン」展運営などを行う。

スタートは越智さん。小林市PR動画の制作経緯が説明されました。相談を受けた時点で、総務省から年4本の動画制作と1本目を「移住促進を目的にしたもの」と決まっていたとか。

宮崎県小林市の移住促進ムービー『ンダモシタン小林』

越智さん「ですが、動画で移住の直接効果を見込むのは難しいと素直に伝えました。担当者に100本のPR動画を見てもらって感想を聞くと、どれも景色・笑顔・食材で5分。確かに見るのはキツいとの判断になり、新たにどうすれば記憶に残すべき物が残せるかを皆で必死に考えました。その結果が、地元民と地元出身者へのアピールでした」。

続きを読むにはSMOUTユーザーとして
ログインする必要があります。
SMOUTユーザー限定記事、ただいま準備中!