「地域が持つ資本」って何? 島根県・海士町と神奈川県・鎌倉から見えてくる、地方の魅力とまちづくりの可能性

いま「地域資本主義」に注目が集まっています。都市に暮らす人が移住したり、多拠点生活などで地方に拠点を持つことが当たり前になりつつある中で、地域の経済循環はどう変わっていくべきなのかが考えられているのです。

昔ながらの生活のままでもなく、都市化でもない、その地域独自の経済循環をつくる「地域資本主義」とはどのようなものなのか、島根県隠岐諸島にある海士町に移住し、地域事業に取り組む阿部裕志さん(株式会社風と土と代表)と、会社の拠点を鎌倉に移し、『鎌倉資本主義』を著した柳澤大輔さん(面白法人カヤック代表)が参加者と「地域資本主義」について議論しました。今回は、カヤックLiving & 風と土と 共催イベント「海士町資本主義 × 鎌倉資本主義」の模様の一部をお届けします。

阿部 裕志さん
1978年愛媛県生まれ。2008年海士町に移住、起業。島の魅力を高める地域づくり事業、島外の企業や自治体、大学の研修を海士町で行う人材育成事業、島産品の販売や海士町の魅力を発信するメディア事業を行う。田んぼ、素潜り漁、神楽などローカルな活動を実践しつつ、イギリス・シューマッハカレッジやドラッカースクール・セルフマネジメントなどのエッセンスを活用した研修プログラムづくり、JICAと提携し海士町とブータンとの交流づくりなど、グローバルな視点も取り入れながら、持続可能な未来を切り拓いている。著書「僕たちは島で、未来を見ることにした」(木楽舎)

柳澤 大輔さん
1974年生まれ。1998年、学生時代の友人と共に面白法人カヤックを設立。オリジナリティあるWebサイト、アプリ等のコンテンツを発信する。また、「面白法人」というキャッチコピーのもと、ユニークな人事制度(サイコロ給、スマイル給、ぜんいん人事部)を発信。2014年に上場。地域活動として、2013年よりITの力で鎌倉を支援する「カマコン」をスタート。2017年より「鎌倉資本主義」を提唱する。

関係資本を増やすことで、地域資本主義のタグボートになる

地域活性化、地方創生の文脈で必ずといっていいほど名前が挙がるまち、島根県隠岐郡海士町。まずは阿部さんに、海士町について説明してもらいました。

阿部さん海士町がある隠岐諸島は大陸の玄関口、日本の表でした。海士町は隠岐諸島の4つの市町村のうちの一つで、人口2,300人、そのうち移住者は約300人。私は11年前に移住しました。仲間と「巡の環」という会社をつくり、地域事業や人材を排出する人材育成事業をやってきました。

昨年、社名を「風と土と」に変更したのですが、この名前には、風の人と土の人がともに風土をつくるという意味が込められています。地元の人だけでなく移住者やファンも一緒にまちをつくっているという思いが強くなったんです」。

阿部さん「海士町の地域資本主義を語る上で欠かせない言葉に「ないものはない」というものがあります。2011年に”海士らしさ”を表現するキーワードとして採用され、ポスターがあちこちに貼られていたり、職員の名刺にも書かれています。

この言葉には2つの意味があります。1つ目は「ないものはない」と言い切って、ないことを積極的に受け入れること。2つ目は、人が生きていくために大事なものは全てあるということです。最近3つ目の意味に気づきました。それは、「なければつくればいい」ということです。

海士町を資本主義の観点から見ると、経済指標では全国でも最後尾の方にいます。でも、関係資本や環境資本は豊かです。つまり経済からみれば「ない」まちですが、関係資本や環境資本を使えば「ある」まちにできるのです。そしてつくることで仲間ができ、関係資本はさらに増えます」。

阿部さんは海士町について、『鎌倉資本主義』の中にもある3つの資本の概念を使って説明しています。「ないものはない」の1つ目の意味は「経済資本がない」ということ、2つ目の意味は「環境資本は豊か」だということ、3つ目の意味は「関係資本を活かせばつくれる」ということなのだと思いました。続きを聞いてみましょう。

続きを読むにはSMOUTユーザーとして
ログインする必要があります。
SMOUTユーザー限定記事、ただいま準備中!

ABOUTこの記事をかいた人

石村研二

ライター/映画観察者。東京生まれ東京育ち。大学、大学院と映画を観ながらぼんやり過ごし、2000年にサイト「日々是映画」を作って映画についてひたすら書き連ねる。2004年頃からライター業に勤しむようになり、暮らしと社会の間の様々なトピックについて記事を執筆。2016年には「ソーシャルシネマを楽しむウェブマガジン“ソーシネ”」を立ち上げ。最近は縄文にハマり、縄文的な生き方について考える日々。