移住交流、距離はどこまで超えられるか? アスノオト代表・信岡良亮さんと考える、地域の可能性

2019年4月4日、東京・神田の食べられるミュージアム「風土はfoodから」にて、島根県海士町のイベント「島の大使館 トークセッション!」が開催されました。2回目となる今回は、株式会社カヤックLiving代表の松原佳代さんがゲスト。

「移住交流、距離はどこまで超えられるか」がテーマということで、移住交流の現状や今後について考えるヒントがありそうだとSMOUT移住研究所も参加してきました。

海士町の有志「ないものはないラボ」が都心で開く「島の大使館」

まずイベントの概要説明から。「島の大使館」とは、島根県隠岐郡海士町で地域活性活動に関わる有志が、都内在住の海士町ファン向けに月1〜2回開いている交流の場です。

運営は「ないものはないラボ」。島外の海士町ファン、いわゆる第2町民を民間主導で増やそうということから生まれた委員会です。会員が資金を出し合って島の伝統行事や企画を補助し、活性化に繋げるのがおもな活動。資金があれば、行政に頼り切らずとも島の未来を自分たちで変えていけるはず、という信念があります。

信岡さん「諸外国のよさを伝えるために大使館が存在するように、海士町のよさを伝えながら、集まった人々が地域での暮らしやこれからのことを気軽に話し合える場にしたい。今日のイベントも、僕らの計画に同意くださった会員さんたちのおかげでできています」。

そう語るのは、主宰のひとりでありこの日のモデレーターを務める、アスノオト代表の信岡良亮さんです。

アスノオト代表/風と土と非常勤取締役 信岡良亮さん。1982年生まれ。同志社大学卒業後、東京のITベンチャー企業を経て、島根県隠岐郡海士町に移住。2008年に株式会社巡の環を仲間と起業。6年半の島生活でさまざまなプロジェクトを行ったのち、2014年より拠点を東京に移し、2015年にアスノオト創業。都市と農村の新しい関係を創るべく活動をしている。

信岡さん「友だちくらいの狭さで、日本の未来をつくる仲間としてディープな話をしたいなと。都会と田舎が親戚付き合いで繋がっていた頃のように、これからはインターネットで繋がった日本全体が親戚のように仲良くなれる関係性が必要じゃないかと。なのでこれはイベントというよりは、超ハイクオリティなホームパーティです」。

確かに、会場はスクリーンすら仰々しく見える車座。全員の顔が見える距離は、まさにホームパーティのそれです。またホームパーティには欠かせないのがおいしい料理。会場の「風土はfoodから」料理長の石丸敬将さんからは、海士町の伝統調味料「こじょうゆ味噌」と現代の醤を合わせたという「“島の大使館”ならではのメニュー」全6品の解説もありました。

料理の説明をする石丸敬将さん(写真右)。

こじょうゆ味噌と醤につけた豚ロース焼き、炊き込みごはんの焼きおにぎり、こじょうゆ味噌を味わえる新鮮な野菜(手毬カットが美しい)、干し野菜入り春雨サラダのこじょうゆ味噌入り肉味噌添え、鶏もも肉グリルのこじょうゆ味噌入りホワイトクリーム和え、いかとピーマンと菜の花で炒め物。彩り鮮やかな6品に、海士町の日本酒。ちなみに「こじょうゆ味噌」とは醤油と豆を合わせて発酵させた海士町地方に伝わる伝統調味料。醤油がなかった時代から使われ、現代の醤に近い。

移住交流の距離を超えるアイデア

海士町は、人口減少対策や地域おこし活動の先駆者的存在として有名なまちです。その活動が成功した現在は、人口約2,300人の離島ながら町内で3〜40種類のプロジェクトが進行するほどに。10年前は120人程度だった移住者は600人に増加し、その約半数が定住した結果、人口の約15%が移住者という状況です。それでも、“都心からは遠い”ことは紛れもない事実。一度会った人と再会しにくい、距離を超えにくい、海士町を好きになってくれる都心の人はいてもその力を活かしにくいという問題が、常について回ります。

そこで、関心をもって訪れる人が増えてきた今、その距離を超えるにはどうすれば解決できるのか? 他地域の事情はどうか、関係づくりに使える価格や時間はどれくらいなのかを考えたい。地域移住と人の移動を客観視できるプロとともに解決方法を考えたいということが、今回のテーマ「移住交流、距離はどこまで超えられるのか最前線トーク」に繋がったのだとか。

引き続き参加者の自己紹介を経て本題へ……と行きたいところが、自己紹介だけでたっぷり一時間半。まさに普段のイベントにはない展開です。参加者は、半数が海士町関係者とラボ会員、残りが単身参加者とカヤックLiving関係者。職種はさまざまながら、地域や所属などのコミュニティ、働く場や活動場所などについて一箇所に限定しない行動や考え方に可能性や見出そうと考える人が多い印象でした。

続きを読むにはSMOUTユーザーとして
ログインする必要があります。
SMOUTユーザー限定記事、ただいま準備中!