移住研究所

“移住”は目的でなく、手段。地方移住して起業に300万円、就業に100万円の制度で移住する人は増えるのだろうか? 移住研究所

“移住”は目的でなく、手段。地方移住して起業に300万円、就業に100万円の制度で移住する人は増えるのだろうか?

こんにちは、ライターの甲斐かおりです。私はここ10年ほど各地で地域課題に取り組む人たちや、都会から地方へ移住をして新しいライフスタイルを模索する方々を取材してきました。

海外移住かローカル移住か。その選択はよりフラットになっていく? 〜SMOUT、海外移住はじめました 移住研究所

海外移住かローカル移住か。その選択はよりフラットになっていく? 〜SMOUT、海外移住はじめました

2019年のリリース第1弾は「SMOUTで世界へ行こう!〜海外移住もSMOUTで!」。 海外の移住で人気の地域がSMOUTに登場しました。

地方創生にクリエイティブがどう活きるか。リアルSMOUT「ローカルPR動画の夜明け」イベントから考える、地域ブランディングの仕掛けかた 移住研究所

地方創生にクリエイティブがどう活きるか。リアルSMOUT「ローカルPR動画の夜明け」イベントから考える、地域ブランディングの仕掛けかた

10月20日、神保町のLAB&Kitchenにて「リアルSMOUT Vol.01 ローカルPR動画の夜明け」が行われました。移住スカウトサービス「SMOUT」を運営するカヤックLivingの初の主催イベントで地域のひとがやってきて地域に関心のある人をスカウトする企画です。今回のテーマは「五感で味わう」。ローカルPR動画にまつわるトークセッションと、地方の特産物を活かした料理や飲み物を楽しみました。

SMOUTネット関係人口スコアランキング速報(2019/01/10) 移住研究所

SMOUTネット関係人口スコアランキング速報(2019/01/10)

移住スカウトサービス「SMOUT」では、インターネット上で各地域に関心を寄せたり、関わったりしている人を『ネット関係人口』と定義して、ネット上で関わる人たちを独自のアルゴリズムで計算し、「SMOUTネット関係人口スコア」と名づけ、地域ごとに算出しています。

「宇宙移住ってどうなの!?」を2019年、年明けに調べてみた smout移住研究所

「宇宙移住ってどうなの!?」を2019年、年明けに調べてみた

年始早々、太陽系の惑星でもっとも遠い海王星のさらに外側を回る、「ウルティマトゥーレ」にNASA(米航空宇宙局)の無人探査機が到達したというニュースが飛び込んできました。

【新年のご挨拶】2019年の地域とあなたとの縁は?あなたの活躍(できるかもしれない)地域を占います! 移住研究所

【新年のご挨拶】2019年の地域とあなたとの縁は?あなたの活躍(できるかもしれない)地域を占います!

あけましておめでとうございます。 2019年がはじまりましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

2018年話題になった自治体プロモーション 6選! 移住研究所

2018年話題になった自治体プロモーション 6選!

日本全国には1,800近い自治体があります。みなさんはいくつ知っているでしょうか?移住関連事業を営んでいる私たちでも、まだまだ知らない自治体、これなんて読むの?という自治体がたくさんあります。

2019年移住を考えているあなたへ!移住をサポートするメディア&サービスまとめ(2018年版 移住・定住のための地域系サービスカオスマップ) 移住研究所

2019年移住を考えているあなたへ!移住をサポートするメディア&サービスまとめ(2018年版 移住・定住のための地域系サービスカオスマップ)

ここ近年、移住に関するメディアが次々に立ち上がりましたが、2018年は移住と関係人口づくりをサポートするサービスがいろいろと立ち上がった1年でした(SMOUTもそのひとつ!)。地域の暮らしをより豊かに、コミュニティを活性化する、地域通貨タイプのサービスも続々出てきています。

【移住相談】「車の運転が苦手なんですが……。」 移住研究所

【移住相談】「車の運転が苦手なんですが……。」

Q. 移住したい気持ちはあるんですが、ペーパードライバーで、車の運転が苦手なんです……。田舎って、車は必須ですよね? どうすればいいか教えてください!

移住地で仕事を見つける? 移住地へ仕事を持っていく? 移住をしたい2,852人の現在の職業から考えてみた 移住研究所

移住地で仕事を見つける? 移住地へ仕事を持っていく? 移住をしたい2,852人の現在の職業から考えてみた

「数字で読み解く移住のいま」は、毎回ひとつの調査データを元に移住に関するさまざまな可能性を考えていく連載です。移住について「噂には聞くけど実際はどうなの?」という、まだイメージの段階という方も多いのでは。そんなイメージにはっきりとした輪郭をつけてくれるのが、実際の人々の声を集めたデータ。今回は「移住者と職業」のデータを参考に考えてみました。

1 2 3 4 5