自治体向け

withコロナ時代の地域とは?教育とは? デンマークの自治区・クリスチャニアに学ぶ地域の未来 デンマーク

withコロナ時代の地域とは?教育とは? デンマークの自治区・クリスチャニアに学ぶ地域の未来

afterコロナ/withコロナの時代、これからの「移住」は、どこへ向かうのか?『みんなでつくる移住白書2020』から考えた、「移住3.0」とは みんなでつくる移住白書

afterコロナ/withコロナの時代、これからの「移住」は、どこへ向かうのか?『みんなでつくる移住白書2020』から考えた、「移住3.0」とは

今、都市部を中心とした生活者は、地方移住に対してどう考えているのでしょうか。移住検討者の真の姿を知りたいという思いから、SMOUT移住研究所では『みんなでつくる移住白書2020』をまとめることになりました。

6年間で約200人が移住。「すぐ住める家がある」ことで移住者が増えるまち、高知県梼原町の試みとは? 移住の一歩先を考える

6年間で約200人が移住。「すぐ住める家がある」ことで移住者が増えるまち、高知県梼原町の試みとは?

一都市に人口が集中しすぎていることの怖さを、今回のコロナ危機ほど浮き彫りにした状況はなかったのではないでしょうか。住む場所の選択肢を増やす意味でも、資源を有効活用する意味でも、空き家の利活用は重要になってきます。 今回は独自の空き家対策で移住者を集める、高知県梼原町の取り組みをご紹介します。

2019年度 SMOUTアワード発表! 情報発信と関係創出のモデルとなる地域はどこ? 自治体向け

2019年度 SMOUTアワード発表! 情報発信と関係創出のモデルとなる地域はどこ?

地域の人と地域に行きたい人をつなぐ移住スカウトサービス「SMOUT」では、1,135人(2020年4月14日現在)の団体や個人のみなさんが「地域の人」として活動しています。

「紀伊半島はたらく・くらすプロジェクト」にみる、地域と人との“関係性の構築”の必要性 紀伊半島

「紀伊半島はたらく・くらすプロジェクト」にみる、地域と人との“関係性の構築”の必要性

2019年11月11日から12月6日までの約1か月間、紀伊半島移住プロモーション事業実行委員会からの委託により、移住マッチングサービス「SMOUT」とビジネスニュースサイト「Business Insider Japan」との共同企画で「紀伊半島はたらく・くらすプロジェクト」を開催。三重県尾鷲市、奈良県下北山村、和歌山県田辺市の3つの地域で、参加者が2泊3日以上滞在し、現地の人との交流や、仕事の体験を通じて、紀伊半島での暮らしの可能性を探ってもらう試みです。

まちを、人を、どれだけリアルに伝えることができるか。コウノトリのまち・兵庫県豊岡市にみる、移住相談窓口のつくりかた 豊岡市

まちを、人を、どれだけリアルに伝えることができるか。コウノトリのまち・兵庫県豊岡市にみる、移住相談窓口のつくりかた

「飛んでるローカル豊岡」

「雪」×「山」×「安心できる暮らし」=「富山」だった。多賀野夫妻が富山県南砺市へ移住してゲストハウスを開業するまで 南砺市

「雪」×「山」×「安心できる暮らし」=「富山」だった。多賀野夫妻が富山県南砺市へ移住してゲストハウスを開業するまで

富山県南西部に位置する南砺市(なんとし)。人口は約5万人で、南部には1,000mから1,800mの山々がそびえ、平野部には水田地帯に集落が点在しています。

「最も住みたいまち」ポートランドの歴史に学ぶ、まちづくりの秘訣 オレゴン州ポートランド

「最も住みたいまち」ポートランドの歴史に学ぶ、まちづくりの秘訣

こんにちは。北海道にかつてあったローカル新聞社を営む家で育ち、学生時代からずっと地域おこしがテーマの人生を送っています、山中緑です。2018年の夏から、アメリカ・オレゴン州のポートランドに住んでいます。

自分の「好き」を追求した結果が、次の地域への移住だった。「お風呂」好きな門田和也さんが、新潟県・湯沢町へ移住をするまで 湯沢町

自分の「好き」を追求した結果が、次の地域への移住だった。「お風呂」好きな門田和也さんが、新潟県・湯沢町へ移住をするまで

新潟県南魚沼郡湯沢町は、人口約8,000人。越後湯沢と呼ばれ、スキー客を始め多くの観光客を古くから迎えてきました。近年は音楽フェスの開催地としても有名で、主要産業は今も昔も観光業。ただ、来訪者は多いものの若い世代は町外に出てしまい、他の地域と同様に少子高齢化が進みつつある状況です。

空き家問題、どうする?使わなくなった家をどう市場に流通させるか。熊本県合志市で始まっている新しい取り組み 移住の一歩先を考える

空き家問題、どうする?使わなくなった家をどう市場に流通させるか。熊本県合志市で始まっている新しい取り組み

移住したいけれど住む家がない、という話を地方ではよく耳にします。空き家がないわけではありません。空いていても「知らない人に貸すのは不安」「仏壇が残っている」「息子がお盆に帰ってくる」などの理由で、物件として市場に出てこない。そうした空き家予備群が、地方にはたくさん存在するのです。

1 2 3 4 5