移住希望者向け

SMOUTネット関係人口スコアランキング速報(2020/11/01) 移住研究所

SMOUTネット関係人口スコアランキング速報(2020/11/01)

移住スカウトサービス「SMOUT」では、インターネット上で各地域に関心を寄せたり、関わったりしている人を『ネット関係人口』と定義して、一例として以下のネット上で関わる人たちを独自のアルゴリズムで計算し、「SMOUTネット関係人口スコア」と名づけ、地域ごとに算出しています。

長野県塩尻市役所に、副業限定で7人の特任CxOが就任!民間プロ人材を起用する地域課題解決のしくみ 関係人口

長野県塩尻市役所に、副業限定で7人の特任CxOが就任!民間プロ人材を起用する地域課題解決のしくみ

記事のタイトルを見て、副業限定のCxO!?7人も!?と思った人は多いのではないでしょうか。しかもその特任CxOは全員、地域外の民間企業に務める、いわばプロフェッショナル人材。

在宅勤務・テレワークで地方移住は増える?アンケートから見えたこと 数字で読み解く移住のいま

在宅勤務・テレワークで地方移住は増える?アンケートから見えたこと

新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて、在宅勤務やテレワークといった働き方が急速に増えたことから、場所を問わずに仕事ができるのであれば、この機会に住みたい場所へ……と、地方移住を検討する人が増えているようです。

“地域と繋がる”ことを本業とする、おそらく唯一の職業だから。佐賀が県をあげて「地域おこし協力隊」をサポートする理由 移住希望者向け

“地域と繋がる”ことを本業とする、おそらく唯一の職業だから。佐賀が県をあげて「地域おこし協力隊」をサポートする理由

全国各地で活躍されている「地域おこし協力隊」ですが、最大3年間という任期の途中でリタイアしてしまう人も多く、隊員と地域のために隊員のサポート体制を充実させることが求められています。実際、地域おこし協力隊のマネージャー制度の創設が先日、総務省から発表されました。

コロナで地方移住は増える?移住意向アンケートから見えること 数字で読み解く移住のいま

コロナで地方移住は増える?移住意向アンケートから見えること

新型コロナウイルス感染症の拡大を機に、出社を前提としない働き方に変わったり、都市部の過密さがリスクであることに気づいたりして、地方移住への関心が高まっているようです。

SMOUTネット関係人口スコアランキング速報(2020/08/01) 移住研究所

SMOUTネット関係人口スコアランキング速報(2020/08/01)

移住スカウトサービス「SMOUT」では、インターネット上で各地域に関心を寄せたり、関わったりしている人を『ネット関係人口』と定義して、一例として以下のネット上で関わる人たちを独自のアルゴリズムで計算し、「SMOUTネット関係人口スコア」と名づけ、地域ごとに算出しています。

人口減のまちにわずか5年で約20店舗が開業。長崎県東彼杵町、魅力の鍵は自営業者に 移住の一歩先を考える

人口減のまちにわずか5年で約20店舗が開業。長崎県東彼杵町、魅力の鍵は自営業者に

まちの魅力とは、何で決まるのでしょうか。自然環境や利便性などさまざまな要素がありますが、あったらいいなと思う店や居場所が多いほどその魅力は増すのではないでしょうか。

“地方創生×教育”が、豊かな学びとまちの希望を育む。「高校魅力化プロジェクト」が教育と地域にもたらす未来とは 移住促進-成功への道

“地方創生×教育”が、豊かな学びとまちの希望を育む。「高校魅力化プロジェクト」が教育と地域にもたらす未来とは

その地域に高校があること。

今さら人に聞けない、「地域おこし協力隊」って? 制度の意義から、着任までのステップ、メリット&デメリットまで 知っておきたいキーワード

今さら人に聞けない、「地域おこし協力隊」って? 制度の意義から、着任までのステップ、メリット&デメリットまで

地域への移住の足がかりとして、近年よく耳にする「地域おこし協力隊」。これは地方自治体が都市からの移住者を受け入れ、地域活動の担い手として採用する制度です。

2019年度 SMOUTアワード発表! 情報発信と関係創出のモデルとなる地域はどこ? 自治体向け

2019年度 SMOUTアワード発表! 情報発信と関係創出のモデルとなる地域はどこ?

地域の人と地域に行きたい人をつなぐ移住スカウトサービス「SMOUT」では、1,135人(2020年4月14日現在)の団体や個人のみなさんが「地域の人」として活動しています。

1 2 3 4 5